2019年05月12日

『語感書』列傳四

 先日静岡ホビーショーの動画報告を見ていたら、バㇲ゙というアニメのキャラㇰターの商品が紹介されていた。

 先ほどいつもの定期巡回をしていると、日記でピㇰサー映画関連の催しに行ったらしい話に触れていて、バㇲ゙というキャラㇰターの大きな人形と写真を撮った様子が出ていた。

 私はピㇰサー関連の映画は多分一つも見た事が無いと思う。子供の頃まだ無かったと思うし、映画館は平成三十年間でも多分𝟓回しか行っていないと思う。𝐓𝐕では観ていない。なので𝐂𝐌やニュース程度にしかしらない。

 それでも何かしら耳にした事はあって、已前、「バズライトイヤー」と「バスガイドツアー」は語感が似ているなと思った事がある。

𝐛𝐚z𝐮 r𝐚𝐢t𝐨 iy𝐚𝐚
𝐛𝐚s𝐮 g𝐚𝐢d𝐨 tsu𝐚𝐚


有声無声の関係であるs/zやt/dの組み合わせもあるのでかなり近い。トイ・ㇲトーリーとかバㇲ゙というとそれを思い出す。そして今回久しぶりにそれを思い出した。

 先日はㇳヰッターで「思い込み」という言葉を使っている人がいて、「思い込み」と「芋煮込み」は似ているなと思った。

o𝐦𝐨 𝐢 𝐤𝐨𝐦𝐢
i𝐦𝐨n𝐢 𝐤𝐨𝐦𝐢



 空耳アワーで成立する日本語のように聞こえる歌詞というのも、英文のつづりにとらわれず歌の発音通りに文字化して日本語をローマ字化したものと比べてみると、共通項が多いものほど似ているように聞こえるんじゃないかと思う。恐らく日本語の歌でも別の歌詞に聞こえる曲というのはあるはず。過去に採用された事があるのかはちょっとおぼえていないが。

 英語詞だと、「𝐆𝐨 𝐖𝐞𝐬𝐭」は原曲のヸ𛃿エッジ・ピーㇷ゚𛃻版とカヷー曲のペッㇳ・ショㇷ゚・ボーイㇲ゙版でブッㇰ𛃿ッㇳの歌詞が違った気がする。どっちがどっちだったかおぼえていないが、

𝐒𝐮𝐧 𝐢𝐧 𝐖𝐢𝐧𝐭𝐞𝐫 𝐓𝐢𝐦𝐞
𝐒𝐮𝐧𝐧𝐲 𝐖𝐢𝐧𝐭𝐞𝐫 𝐓𝐢𝐦𝐞 𝐒𝐚𝐢𝐥𝐢𝐧𝐠 𝐰𝐢𝐭𝐡 𝐭𝐡𝐞 𝐓𝐢𝐝𝐞


 実際の歌唱部分は𝟐𝟎年くらい前の私の耳にはどちらにも聞こえた。短文を羅列する歌詞な為、歌全体の意味も大きく変わってしまうものではない。

 ミーㇳ・𛄂ーㇷの歌った「𝐓𝐰𝐨 𝐨𝐮𝐭 𝐨𝐟 𝐓𝐡𝐫𝐞𝐞 𝐀𝐢𝐧❜𝐭 𝐁𝐚𝐝ㇳ・アウタ・𛁏リー・エイン・ベㇳ゙」では歌詞の中に「𝐬𝐚𝐧𝐝𝐲 𝐛𝐞𝐚𝐜𝐡サンディ・ビーチ」という言葉が出てくるが、当時ラジオの𝐃𝐉にサンディ・ビーチという人がいて、自分の名前が入っているその曲を気に入り何度も掛けてくれた事で、米国でヒッㇳ曲になり、ひいてはア𛃻バㇺの米国内でのヒッㇳに繫がったと後日談で紹介されていた。

 歌詞にまつわる話題というと、その意味や背景を解こうとする話、由来となった人物や場所;風景などはたまに紹介されるが、もっと単純な誤解や偶然の場合もあるだろう。音楽に限らないし質や内容も関係無い話なので、何も意味は無いという場合も含めて背景を考える時に選択肢として落とさないよう気をつける必要がある。どうしても全てを高尚なものや情緒的なものにしたがる人達が出てくるので。

posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 03:47| 東京 ☀| 情報処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする