2019年02月22日

表記:エステティックは𝐝𝐛𝐳②

 前回の表題、𝐭𝐛𝐳じゃなくて𝐝𝐛𝐳が正しいので直しておいた。さらに𝐠 [g]も必要と感じたのでその話題も加える。

 先に変更だが、[si]の音をスィの代わりにㇱで表してきたものの、小字が強声でない事をよりはっきりさせる為に、他に換える事にしようと思う。しかし適当な一字の文字が見当たらないのでパソコン上で使える世界各国の文字を一覧した結果、表示や画数や視認性の問題で比較的優れていたハングル文字の시[si]にしようかと考えている。同時に、[zi]に関してもハングル文字から流用しようかと思ったが、[z]を表すㅿは既に廃止されてしまっているので[ㅿㅣ]を一字で表せない。近いものに지[ʣi]はあるが、これは日本語のジに近く、𛃰テン文字表記でも𝐣𝐢と書く。ザジズゼゾが韓国訛りだとジャジジュジェジョに聞こえる場合があるのは純粋な[z]が無いのと関係あるのだろう。ハングル文字は本物の朝鮮語ハングル文字表記でも使う事があるので混同を避けて使うのを諦めた。

 そこで[zi]は注音字母のㄗを使おうかと思う。本来中国語拼音表記の𝐳𝐢は[ズィ]と言うより[ツゥ]に聞こえるような音で、現にヱィㇳ゙式表記ではtzǔとか𝐭𝐬と書くくらいだが、純粋な[zi]が無い為しょうがない。ヱィㇳ゙式表記や注音字母表記は古い辞書や台湾では使われるものの、個人的には拼音表記しか使っていないので問題無いと判断した。中国語ヱィㇳ゙式表記は拼音表記よりも英語𛃰テン文字表記に近い面があるので、拼音表記を齧った事のある人は一度見てみると参考になると思う。

 前回注音字母を流用する案も書いたが、小字でない為強弱が表現できないとも指摘。その後、ㆴ[b]とㆵ[d]とㆶ[h]とㆷ[k]に関しては小字があるのを確認したものの、[g][z]は無く、既に[k]はㇰを使っているので、当面はㇷ゙ㇳ゙ㇰ゙ㇲ゙を使ってみる事にした。

 暫定的なもので、とりあえずしばらく使ってみるつもり。[ə]もァで問題が生じないか試してみる。二重母音の𝐚𝐢;𝐚𝐮;𝐚𝐞;𝐚𝐨等もアィ;アゥ;アェ;アォ等の方が強弱がわかりやすいかなと考えているが、𝐚𝐲と𝐚𝐢の区別をどうするか?といった問題もあったりでまだ確定はしていない。

 日本政府も英語教育を充実させつつ日本語や仮名文字も末代まで残したいと考えるなら、今のうちに仮名文字表記の正書法改革を考えた方が良いと思う。現状では英語𛃰テン文字表記の中でも特に日本語とのズレが大きい部分への対応ができず、英語でも日本語でもない効率の悪い片仮名英語を乱造するか、𛃰テン文字表記に書き換えるかの選択になっている。また、𛃰テン文字表記で書いても英語発音が習慣的になっていない人にとっては結局文字通りに読まず日本語発音に読み替えてしまう一方、仮名文字表記の𛃰テン文字対応度を増すと、日本語の感覚で文字通りに発音しようとするので自然と英語発音に近づき、日本語では普段意識しない発音やアㇰセンㇳの区別にも注意が向く。𛃰テン文字変換の際にも楽になる。現在の英語表記は𛃰テン文字の原則に忠実ではないので仮名文字表記を完全に英語表記と対応させる必要は無いだろうが、何もしないと中途半端で役立たず;英語教育の障碍という印象が増していく可能性がある。
ラベル:外国語 PC関連
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 19:36| 東京 ☀| 国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする