2018年08月31日

ドッジボールの情報処理

 先日せんじつ体育たいくはなし、せっかくなのですこつづけよう。なお、体育たいくのフリガナは[タイク]としてある。理屈りくつでは[タイイク]がただしいが実際じっさい発音はつおんは[タイク]が普通ふつうで、個人こじんてきにも[タイク]とっているので。

 ドッジボールは学校がっこうによってルールがちがった。最初さいしょ経験けいけんしたのは、コートの側面そくめんからの投球とうきゅうゆるされず、また一度いちどボールをてられてれなかったひと退場たいじょう復活ふっかつかった。コートのそとから攻撃こうげきする「外野がいや」は固定こてい制でなかにはれなかったとおもう。

20180831a1.gif


 もう𝟏ひとつの学校がっこうでは側面そくめんからの攻撃こうげきゆるされた。てられたひと外野がいやに加わる。うろおぼえだが外野がいやされたひとも中の敵にてて落球らっきゅうさせるとふたた自陣じじんはいことができたようにおもう。

20180831a2.gif


 開始かいし当初とうしょ外野がいや内野ないやひとてられてそとてくると中にはいことゆるされた。どのタイミングではいるかは最初さいしょ落球者らっきゅうしゃ交代こうたい場合ばあいと、きな機会きかい任意にんいはい場合ばあいがあったとおもう。わざとつよひと先発せんぱつ外野がいや配置はいちして挟撃きょうげきしたり温存おんぞんしたりときに使つかっていた。

 さらに、通常つうじょうボールは𝟏ひとつでおこなうが、わたしのいたクラスでは最大さいだいで𝟒個か𝟓個まで同時どうじ使つかうかなりスリリングなドッジボールもしていた。最初さいしょのキッカケは場所ばしょいということだったとおもう。教室きょうしつにはボールが𝟐ふたって、𝟐ふたつのグループにかれてひるあそんでいたのを𝟏ひとつにしたらボールがあまり、ボールがそところがって行ったのをりに行っているあいだべつのを使つかっていたらってもどってきたひとがさらに𝟏ひとつを中へれて、どうせなら一緒いっしょ使つかえば中断ちゅうだんしないということで𝟐個同時どうじ運用うんようはじまった気がするが、正確せいかくことはおぼえていない。はっきりおぼえているのは運動場うんどうじょうがいっぱいで場所取ばしょとりの必要ひつようがあり、とおくにボールがころがってりにくと余所よそのゲームの中にんだりしていろいろ面倒めんどうなのでコート𝟏面しかれないせま場所ばしょをクラスの定位置ていいちとして使つかことにし、給食きゅうしょくわるのがはやひとはすぐに場所取ばしょとりへかうということ日常にちじょうてきにしていたてん

 そのしげみの中にボールをさがしに行ったらもう𝟏ひとつ見つけたとか、用具ようぐれの屋上おくじょうに登ったひと𝟏ひとつ見つけてきたとかで非正規ひせいきのクラス所有ボールがえて、面白おもしろそうだからそれらも使つかってしまえと𝟑みっつも𝟒よっつも同時どうじ使つかことになった。たし最大さいだいは小𝟒のとき𝟓いつつだったとおもうが、それはべつのクラスがくしたものだと判明はんめいして返却へんきゃくもなく減った。

 複数ふくすうのボールを同時どうじ運用うんようしたドッジボールは面白おもしろいのでおすすめする。当時とうじえばファミコンの𝟐𝐃シューティングゲームを現実げんじつおこなうようなものだろうか。四方しほう八方はっぽうから球がんで来る。プレイヤーが複数ふくすういるというてんでは『もえろツインビー∙シナモン博士はかせを救え❢💾』𝐅𝐃𝐒𝟎𝟐𝟎の𝟑にん同時どうじプレイをさらに複雑ふくざつにしたもの。現代げんだいでのネット対戦たいせんゲームでの乱戦らんせんよりは整然せいぜんとしているかもれない。ルールはあるので。

 球にたいしては捕球ほきゅうするかけるかを瞬時しゅんじ判断はんだんしないといけないし、仲間なかまとぶつからないようにうごかないといけない。また、外野がいやになればた球を自分じぶんげたいひと大勢おおぜいいるのでり合いになるが、複数ふくすうあるとそれが分散ぶんさんするし、どの球を確保かくほするかもかんがえることになる。あたま使つかうし瞬間しゅんかんてき判断はんだん力ももとめられるし、「背中にもける」という視野しやの広さは当然とうぜんというかいやおうでも意識いしきすることになる。情報じょうほう処理力しょりりょくきたえるのにいている。つよ相手あいてであっても挟撃きょうげきすればたおせることがあるのでゲームはよりがるし、そんな状況じょうきょうでもつよい子は連続れんぞくねらわれたさい𝟏ひとつをけてそれをかかえたままもう𝟏ひとつを片手かたてけるとかジャンプしてけるといったことをしだすのでそれもまたがる。女性じょせいふくめてクラスの半数はんすう以上いじょう参加さんかしていたうえに、たまにほかのクラスと対戦たいせんもしていたが、そうなると数十すうじゅう人の乱戦らんせんだったのでその混沌こんとんぶりもまた面白おもしろい。

 球数たまかずかんしては𝟒よっ𝟓いつつのころ多ぎるんじゃないか?という意見いけんていた。𝟑みっつのころが一番いちばんがったようにはおもうが、これは参加者さんかしゃ総数そうすうやコートの広さ次第しだいでもわってくるとおもう。

ラベル:ドッジボール
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 23:21| 保健体育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする