2018年07月23日

焚風と書くと𝐁𝐨𝐧𝐟𝐢𝐫𝐞を思い出すのでついボンフウと読みたくなる

 𝟐𝟑日にじゅうさんにち熊谷くまがや東京とうきょうあつさはきたからのドライ・フェーンが関東かんとう地方ちほう南部なんぶながれ込み、南からの海風うみかぜはいれなかったから……と解説かいせつしていたが、東京とうきょうから南へ𝟑𝟎㎞ほどった横浜よこはま北風きたかぜが吹いたのは未明みめい〜朝だけで、あとはいつも通り東〜南の海風うみかぜはいっていた。最高さいこうおんはいつもより高く𝟑𝟕․𝟐℃を記録きろく湿しつは𝟑𝟖%までがったが、その時間帯じかんたいもやはり海風うみかぜが吹いていた。若干じゃっかん弱めだがそれでも常時じょうじ𝟑〜𝟒㎧なので普段ふだんとそれほどわらない。

20180723c1.gif


 千葉ちば北西ほくせい部の船橋市ふなばしし千葉ちば市でも東京とうきょうと異なる話になっており北東ほくとう南西なんせい海風うみかぜっているしその時間帯じかんたいおんが高かった。埼京さいきょうローカルなおはなしだったよう。

 そうえばむかし最強さいきょうロボ ダイオージャ』というロボット・アニメがあったらしいが、ちょっと漢字かんじれ替えるだけで、東京とうきょう埼玉さいたまでしか活躍かつやくしないローカル・ヒーローになるなぁと思った事がある。作品さくひん自体じたい水戸みと黄門こうもん三銃士さんじゅうしがモデルになっているようだが。
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 23:28| 地学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする