2018年07月13日

今日は乙巳の変𝟏𝟑𝟕𝟑周年。今だと長時間物陰に隠れてたら熱中症で倒れそう。手元が震えて実行に手間取ったのはその所為だったか(笑)

 昨日きのう関東かんとう地方ちほう南部なんぶで朝夕𝟐回、強い雨があったらしいのでそろそろ話題わだいにしておく。

 私が起きた時はすでにやんでいたし、夕方ゆうがたは外にいたにも関らず警報けいほうるほどの強い雨が降っていた事さえ知らなかった。帰って来てから雨雲あまぐもレーダーをみたところ、県央けんおう域で強い雨があって、それが東は横浜よこはま川崎かわさき域にもかかっていた事から大雨おおあめ洪水こうずい警報けいほうとなっていたよう。数時間じかんでやんだようなのでいわゆるゲリラ豪雨ごううと呼ばれるものかも知れない。驟雨しゅううの方が書くのも打つのも楽だが。

 毎年まいとし梅雨つゆ明け以降いこう関東かんとう地方ちほうでは夕方ゆうがた東京とうきょう大雨おおあめとなる事があるが、神奈川かながわ県は微妙びみょうなところで、場所ばしょやタイミング次第しだいで降ったり降らなかったりする。天気てんき予報よほうもよく外れる。

 それでもレーダー画像がぞうをみているとある程度ていど傾向けいこうは分󠄃かってくる。栃木とちぎ北部ほくぶ日光にっこう域や埼玉さいたま秩父ちちぶ部あたりでは早いと𝟏𝟑時過ぎにはもう雨が降りはじめていて、それが徐々じょじょ平野へいや部へ降りてくる。そして埼玉さいたま南部なんぶ東京都とうきょうと𝟐𝟑区にじゅうさんく部➝千葉ちば北西ほくせい部と夕方ゆうがた以降いこう驟雨しゅううになる。これが𝟏ひとつのパターン。

 もう𝟏ひとつは東京都とうきょうと多摩たま西部せいぶ山梨やまなし東部とうぶにかけて雲が発生はっせいして、それが東や南に流れるもの。

 他に都市とし部で雲が湧き上がってその場に落ちるものもあるよう。これは鹿島灘かしまなだ九十九里浜くじゅうくりはま相模さがみ湾から吹き込んだ風がぶつかる場所ばしょ東京都とうきょうと𝟐𝟑区にじゅうさんく部西域練馬ねりまあたりになる事が原因げんいんらしい。

20180713a1.jpg


 神奈川かながわ県の場合ばあいはこれらの影響えいきょうを受ける場合ばあいと、そうでない場合ばあいがある。

20180713a2.jpg


 𝟏ひとつは黄土色おうどいろ矢印やじるしで示した、北から下りてくるパターン。川崎かわさき市はこの場合ばあい東京都とうきょうとと同じ扱いとかんがえてい。東京とうきょうでゲリラ豪雨ごううと言っている時は川崎かわさきでも一部いちぶで降っている事がしばしばある。横浜よこはまあたりになると北の方に黒くおおきな雲が在って、たまに稲妻いなづまが走るのが遠くに見える。問題もんだいはそれが南下なんかしてくるかいなかだが、それがはっきり見えるころにはもうニュースで話題わだいになっているので、確認かくにんしてから移動いどうしても遅くない。南下なんかせず多摩川たまがわあたりでおしまいの場合ばあいもあれば、南下なんかしてくる場合ばあいもある。しかし下りてくるにしても最低さいてい𝟐𝟎分〜𝟑𝟎分は有余ゆうよがある。

 𝟐ふたつ目は深緑ふかみどり矢印やじるしで示した、伊豆いず箱根はこねでできた雨雲あまぐも東進とうしんするパターン。これは神奈川かながわ西部せいぶ東部とうぶ湘南域しょうなんいき三浦みうら半島はんとう域と移動いどうするので、海にいる人は早々そうそう退散たいさんした方がい。横浜よこはま市も南側みなみがわで雨になる事があるが、横浜よこはま周辺しゅうへん中心ちゅうしん部、中区;西区;保土ヶ谷ほどがやあたりまでなら意外いがい影響えいきょうしない事もおおい。夕立ゆうだちではあまり記憶きおくいが、箱根はこね伊豆いず局地きょくち的な大雨おおあめ長距離ちょうきょり移動いどうする人には要注意ようちゅういで、東海道とうかいどう新幹線しんかんせん東海道とうかいどう本線ほんせんが止まったりする場合ばあいがある。台風たいふう前線ぜんせんの時は雲の様子ようす注目ちゅうもくしておいてもいい。

 𝟑みっつ目は昨日きのうのような、県央けんおう大雨おおあめが降っているパターンで、これは多摩たま西部せいぶから流れてきたものだろうが、相模さがみ湾からの南または南西の風と東京とうきょう湾からの東または北東ほくとうの風にぶつかっているのだろう。実際じっさい昨日きのう横浜よこはま東京とうきょう湾側では午前ごぜん中は北東ほくとうの風で午後は東の風、西の方で夕立ゆうだちが降っていたらしい時間じかん南東なんとうの風だった。

 以前いぜん、「多様たよう性と境界きょうかい」で個人的こじんてき気象きしょう境界きょうかい線と呼んでいる場所ばしょはなしをしたが、その、東からの風と南からの風がはっきりと判る場所ばしょが在って、そこから少し南へ行ったところに日産にっさんスタジアムがある。地図ちずの赤い丸をつけた場所ばしょがだいたい日産にっさんスタジアムや新横浜よこはまえき第三だいさん京浜けいひん道路どうろのある場所ばしょ。このあたりから西になると、雨が降りやすい。なので、日産にっさんスタジアムに行く時、雨が降るのか降らないのか迷ったら、降る前提ぜんてい準備じゅんびをしておいた方がい。また、急に雨がパラ付いてきたり雷が鳴っているのが聞こえたら、西に帰る人は降る前提ぜんてい雨具あまぐした方がいし、東へ帰る人ならなんとかもつ可能性かのうせいが高い。雨具あまぐを持っていないなら東、東京とうきょう湾側に向かえばい。海側うみがわからの風ががんばってくれるので雲に追いつかれにくい。上空じょうくうを見上げれば高度こうどによって雲の流れる方向ほうこうが異なっているのがはっきりと確認かくにんできる事もある。また、南北に風が抜けやすい分、スタンドで坐っていると春秋冬はるあきふゆさむいので防寒ぼうかん具がいる。

 なお、テレヴィ画面がめんやレーダー画像がぞう場所ばしょがわかり難ければ、東京都とうきょうと町田まちだ市が食い込んでいる先端と似たような緯度、三浦みうら半島はんとう付根つけねにある鎌倉かまくら市の東端とうたんが似たような経度けいどだとかんがえる。𝟐ふたつの線がぶつかる場所ばしょがだいたい日産にっさんスタジアムで、これより東は東京とうきょう湾の天気てんき影響えいきょうを受けやすく比較ひかく的雨が降りにくいと大雑把おおざっぱかんがえていい。横浜よこはま市の場合ばあいは。川崎かわさき市の場合ばあいは先ほど述べたように、東京都とうきょうと天気てんき参考さんこうにした方がい。西側は厚木あつぎあたりが境になる。地図ちずでは厚木あつぎ西部せいぶが円の外だが、昨日きのうは降っていたんじゃないかとおもう。多摩たま丹沢たんざわ方面ほうめんから雲が降りてくる事があるのでこのあたりにいる時は雲や風の流れ方を確認かくにんした方がい。それから、相模川さがみがわおおきな川だが、上流じょうりゅう増水ぞうすいすると一気に水嵩みずかさが増すので雨が降っていなくても注意ちゅうい必要ひつよう

 現地げんちに不案内あんないな人はこういった傾向けいこう参考さんこうにしてみてもいいとおもう。
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 18:42| 地学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする