2018年06月29日

本文が振仮名に逃げて試合をしようとしていなかった

 「平成へいせい𝟑𝟎年大阪府おおさかふ北部ほくぶ烈震れっしん②/縦の方言ほうげん⑩/就活しゅうかつ学生がくせいが読んではいけないおはなし⑨/リーダーをそだてる教育きょういく」の終盤しゅうばん表示ひょうじが変になっていた事に今更いまさらながら気付いた。

 サッカーの日波戦にっぱせん長谷部はせべ選手せんしゅはいってからは試合放棄ほうきだった。理由りゆうは勝てなくてもそのままで終われば他会場たかいじょうの試合との関係かんけい決勝けっしょうトーナメント進出しんしゅつ決定けっていするから。下手へたに攻めてぎゃく失点しってんしたり、警告けいこくをもらってしまうと、せっかくの決勝けっしょうトーナメント進出しんしゅつ反故ほごになる。だったら何もしないでおこう。そういう意図いと

 ポーランドはすでにリーグ戦敗退はいたい決定けっていしており、𝟏点入れて勝っている状況じょうきょうなので、そのまま終われば𝟏勝はできる。最低限さいていげんのメンツは保てる。結果けっか、ほとんど攻めてこないし、日本にほんはボールを自陣じじんで回しているだけのやる気の状態じょうたい会場かいじょうからは非難ひなん囂々ごうごう実況じっきょう解説かいせつは「ブーイングは気にしなくていい、次のステージがありますから」「勇気ゆうきのある戦い方をしてくれた」だそう(笑)

 子供こども達には教材きょうざいになるだろう。積極性せっきょくせい大事だいじとか失敗しっぱいを恐れず挑戦ちょうせんしろとか泥臭どろくさくとか結果けっかを気にせずとか理屈りくつは要らない等と言っても、都合つごうが悪くなると掌を返す。これが、大人おとな世界せかい政治せいじ世界せかい口先くちさきだけ。その事を選手せんしゅ達は世界せかいはじさらしてでも表現ひょうげんしてくれた。

posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 01:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする