2018年06月30日

ダイターン;シャイターン;ターンエイターン②⁵/₅

 しかし大学だいがく企業きぎょうが求める点数てんすう等級とうきゅう資格しかくというものがある以上いじょう、そちらを優先ゆうせんするのがわるいとはい切れないのが現実げんじつ石山いしやま報告ほうこくで「暗記あんき中心ちゅうしんの学びから脱却だっきゃくしなければならない」といていたが、語学ごがく暗記あんき無くして成立せいりつしない。ひとつでもおお単語たんご表現ひょうげんをおぼえた者の勝ち。コンピューター言語げんごでもそれは同様どうよう。マイクロソフトのインターン募集ぼしゅうがどういう条件じょうけんで選ばれているのかは知らないが、恐らくコンピューターのスキルか英語えいご力は要求ようきゅうされているはずで、インターン程度ていどなら大目おおめにみてくれても、社内しゃない会議かいぎ英語えいごでやっているわけだから、正式せいしき仕事しごとがしたいのなら必要ひつようになってくるだろう。「外国人がいこくじん英語えいご議論ぎろん」なんてはいってしまえば嫌でもやる事になる訳だから、まずは暗記あんき、入れない事には意味いみい……親や、学校がっこうじゅく先生せんせいからそうわれた時にどう反論はんろんするのか?何をするにしても教育きょういく問題もんだいになってくるのはこのてんで、この問題もんだいを避けていると、現場げんば教師きょうしや親や生徒せいとに受け入れられず形骸けいがいしてしまう。現場げんば彼等かれらにとって重要じゅうようなのは、来年らいねん受験じゅけんであり、来月らいげつ定期ていきテストであり、来週らいしゅうの小テストであり、明日あした予習よしゅうであって、数十年後すうじゅうねんご立場たちばじゃない。あとになって「指標しひょうしにくい感覚かんかくてきなものほど子供こどもの時にやっておかないと、大人おとなになってからではもう手遅ておくれ」と気付く人も出てくるが、その現実げんじつを知っている子供こどもがいたとしても、親や学校がっこうと戦う事を先に求められるか、もしくは点数てんすう等級とうきゅう順位じゅんい獲得かくとくしなければ大学だいがくには入れないという現実げんじつにぶつかる事になるので、どちらかを捨てるか、両立して問題もんだい無くこなせる人間にんげんに限られてくる。これはアクティヴ・ラーニングでも同じ問題もんだいを抱える。

 加えて推薦すいせん𝐀𝐎エイオウ就活しゅうかつかんがえる場合ばあいは、「証拠しょうこあつめ」も重要じゅうようになってくる。いくら毎晩ライヴカメラで英語えいご使つかって外国がいこく相手あいて民族みんぞく主義しゅぎてきののしり合いの喧嘩けんかをしていても、証拠しょうこ使つかえないような中身なかみならそれは何もしていない;何もできないのと同じ。ぎゃくえばヤラセでもトリックでもいい。韓国かんこくでは𝐀𝐎エイオウ入試にゅうし対策たいさく用に経歴けいれき偽造ぎぞうするじゅくというのが出現しゅつげんしていると紹介しょうかいされていた事があるが、日本にほんでもすで登場とうじょうしているかも知れないし、これから増えるかも知れない。先にいた私の散発さんぱつてき体験たいけん偶然ぐうぜん出会であいも、それだけではただのおも出話でばなしだが、全部ぜんぶを合わせて週に一度いちど授業じゅぎょうで第𝟏回いっかい目はサインをもらいに行きました、𝟐回目にかいめはグループトークをしました……とならべ、国際こくさい理解りかいとでもタイトルを付けて単位たんい取得しゅとく証明しょうめいを付ければ、中身なかみ一緒いっしょでも大学だいがくから見た価値かちは跳ね上がる。留学りゅうがくした事にして「留学りゅうがく先で学んだ事」として写真しゃしんでも紹介しょうかいすれば、企業きぎょうウケもくなる。何年なんねんまえに、公開市民講座を受けただけで「ハーヴァード大学だいがく留学りゅうがく」と経歴けいれきにして活動かつどうしていた事がバレて問題もんだいになった人がいたが、おおくの人が大切たいせつにするのは中身なかみではなく外見。紙にいても同じことだがそれをアニメイションにするとなんとなく凄いように見える、出鱈目な数字すうじでもグラフや表にすると解った気になる、みんなが互いの言語げんごを学ぶより力のよわ人達ひとたちを武力で否定ひていしてひとつの言語げんごにするよう圧力を加えるとグローバルにつながっているようなかんじがする、早口で捲し立てて理解りかいが追いつかない人が反論はんろんできない様に黙らせると主張しゅちょうに説得力があった事になる……これらも全て一緒いっしょ。あとはそれらをどうかんじるのかの問題もんだい。①馬鹿ばか馬鹿ばかしいからやらない、②馬鹿ばか馬鹿ばかしいから別の方法ほうほうかんがえる、③馬鹿ばか馬鹿ばかしいけどしょうがないからあきらめてやる、④これからの社会しゃかい重要じゅうように決まっているから余計よけいな事はかんがえずにやる。

 他にも選択肢せんたくしはいろいろあるだろうが、とりあえず①〜④、夢とか挑戦ちょうせんとか創造性そうぞうせいとか積極性せっきょくせいとか努力どりょくとか思考しこう力とか言語げんご力とか協調性ちょうせいとか好奇心といった視点してんでそれぞれについてかんがえると、どういう評価ひょうかになるだろうか?それについて、また別途べっとに触れてみる。
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 12:00| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする