2018年06月21日

縦の方言⑨

 先日せんじつサッカー𝐖杯ワールドカップ日本にほん代表だいひょうがコロンビア代表だいひょうに勝った事で話が盛り上がっている……とテレヴィ報道ほうどうでは伝えている。商売しょうばい中継ちゅうけいもやっているしスポンサーもはいっているし付き合いもあるので無理むり矢理やりにでも盛り上げないといけないという演出えんしゅつはあるから現実げんじつてきにどこまで盛り上がっているのかは知らないが、数はどうあれ活躍かつやくした選手せんしゅちなんだシャツやらグッズやらが売れたりするという現象げんしょうは起きているよう。もっと確実かくじつな話でも、五輪ごりん𝐖杯ワールドカップの年はテレヴィ受像機じゅぞうきの売り上げが伸びるとはされている。

 個人こじんてきにはこういう影響えいきょうのされ方は不思議ふしぎ現象げんしょう子供こどものころからかんじている。白黒しろくろからカラーにわるタイミングで娯楽ごらくの少ない時代じだいにオリンピックがあってテレヴィの購入こうにゅうやらい替えやらがあったというのは納得なっとくできるのだが、そういう時代じだい過去かこのものになってもまだそういう連動れんどうがあるというのは、一体いったいどういう層の人が影響えいきょうされているのだろう?かつて五輪ごりんに盛り上がった世代せだいとしってもまだ同じノリなのか、それとも時代じだい関係かんけい無くちょっとした盛り上がりを作ると瞬時に感情かんじょうが動かされ行動こうどうに結び付いてしまう、心理学者しんりがくしゃ人工じんこう知能ちのうにとって扱いやすい人がいるからという事なのだろうか?嫌負けんぷ障碍しょうがいの人は数が少なくなく、また学力がくりょく関係かんけい無く感情かんじょう行動こうどう展開てんかいがワンパターンで、これからの時代じだい人工じんこう知能ちのうにとって最も標的ひょうてきになる性格せいかくてき類型るいけいだとはかんじているが、それと同様どうようの、衝動しょうどうてき性格せいかく類型るいけい一種いっしゅなのだろうか?「お祭り人間にんげん」とわれるのがそういうタイプなのかも知れないが、私の周りでは家族かぞく親戚しんせきでも知人ちじん友人ゆうじん関係かんけいでも特に思い当たらないので今ひと感覚かんかくてきには解り難い。

 自分じぶん子供こどものころをかんがえても、五輪ごりんだから新しいテレヴィがしいと思った事はいし、選手せんしゅ活躍かつやくしたから突然とつぜんその人のグッズがしくなるとかんじた事もない。五輪ごりん代表だいひょう選手せんしゅ地元じもとから出て記念きねん鉛筆えんぴつをもらった事はあるが、行事ぎょうじ関係かんけいするのはそれくらいだろうか。サッカーの𝐖杯ワールドカップはまだ知られていなかった。プロ野球やきゅうを観たりする事はあったが、活躍かつやくした瞬間しゅんかん突然とつぜんファンになってグッズがしいなんてことも無かったし、また、すぐに手に入る環境かんきょうでもなかった。仮にしかったとしてもってくれるというかんじもしない。おおきない物は普通ふつう、誕󠄄生日かクリスマスか正月。ごくまれに親の機嫌きげんい時とか、親戚しんせきと集まる時とか。こよみ対応たいおうして時期じきが決まっていたのでそこから外れると大会たいかいだろうが関係かんけい無かったというのは影響えいきょうがあるのかも知れない。テレヴィにせよ他の家電かでんや車にせよ、おおきない物は「壊れたらい替える」であって、他人たにん行事ぎょうじとは何も関係かんけいい。そうかんがえると、ちょっと活躍かつやくしたら急にグッズがしくなる人とか世間せけん行事ぎょうじに合わせてい替える人というのは、生来せいらい衝動しょうどうてき性格せいかく已外いがいに、そだちとしてしいと思ったらすぐにう;ってくれる環境かんきょうとか、行動こうどう基準きじゅん個人こじん家庭かていではなく外部がいぶ動向どうこうという環境かんきょうの中で育った人なのだろうか?こういうのも縦の方言ほうげん一種いっしゅになるのかも知れない。会話かいわが噛み合わないというほどではなく、「うちはこう」「おたくはそう」で終わる話だが。「みんなが~ねばならない」とはじめる人は厄介やっかいかも知れない。
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 23:59| 情報処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする