2018年03月18日

使えるものはなんでも使う

 今朝、こんな記事をみかけた。

ゲーム機「Xbox」利用の米原子力潜水艦が就役 潜望鏡の操作「使いやすい」


 ゲームと軍隊の関わりが話題になることはたまにあって、以前、機材の扱いに関しても、ゲーム経験者の順応性が高いという報告が出ていたり、また当時としては価格の割に性能が高いとしてプレイステーション(𝟐だったと思う)を大量購入して連結、高性能コンピュータとして使うことが話題になったこともあった。いずれもアメリカでの話。

 個人的にも、自動車の操作が電子化されてきて機能も豊富になっている現在、ゲーム用のコントローラーでもいいんじゃないかと感じている。実際、レースゲームはコントローラーで行うし、フライトシミュレーターだってジョイスティックと呼ばれるコントローラーを使ったりする。

 さらにいえば、自動車の教習所に通い始めて実車を動かしたとき、計器類をみる際に視線を下に落とさないといけないのが危険だし面倒だとも感じた。ゲームでは通常、タコメーターやギアの状態、地図など様々な情報は前方を映す画面の中に表示されている。実車でいえばフロントガラスに表示されているのと同じ。なので前をみる視界の中に入って目線はほとんど動かさなくてすむ。飛行機ではその後ヘッドアップディスプレイという、フロントガラスに直接ではないが、視線との間に半透明のモニターを挟んで、実際の景色と様々な補足情報を同時にみることができるようになっている。将来的に自動車でも同じようになればとは感じる。

 ゲーム用のコントローラーはパソコンでのゲームにも利用されているが、なぜかゲームでしか使用できない。これも以前感じたことがあるのだが、グーグルマップのストリートヴューという、まるで実際の町中を移動しているかのような目線で町の風景写真を連続的に閲覧できるサーヴィスがある。これもマウスでクリックしながら進んだり曲がったりするのはけっこう面倒で、ゲームのコントローラーだったら方向転換も右左折も直進ももっと簡単にできるのになと思う。技術的にはゲーム用のコントローラーを入力装置として使うことは可能で、プログラムの知識がある人ならそういった改造󠄃もできると思うが、一般人が𝐔𝐒𝐁端子を挿し込んだだけで簡単に設定できるものではない。この辺はグーグルがというよりはブラウザや𝐎𝐒での対応が必要なのかもしれないが、たとえばウィンドウズであればマイクロソフトがゲーム用コントローラーでもコンピューターの基本操作ができるように、ボタンに機能を割り当てられる設定を追加してくれればいい。そうすれば地図だけでなくほかの操作もゲーム用のコントローラーで行えるので、ショートカット・コマンドを割り当てるとよく使う機能が簡単に呼び出せて便利だと思う。マウスの代わりはアナログコントローラーがついているので十分代用できるし、最近のコントローラーはボタンが𝟏𝟎個以上ついていたりするので、けっこういろいろなことができる。上記の記事で話題になっているエックスボックス
𝐗𝐛𝐨𝐱
もマイクロソフトが出している製品。

追記:発表のさい、スクリーンに映し出した画面を観ながら操作したり場所を示したりするときも、元々本体と画面とコントローラーが離れた場所に位置するので、ゲームのコントローラーでは容易になる。ノートパソコンでは画面と本体とキーボードが一体となっており、マウスもそのそばに置いて使うので、どうしても立ち位置が制限されてしまうし、聴き手が観ているのと同じ画面を観ながら場所を指し示したりなにがしかの操作をしたりするのに手間取ることがある。


xbox コントローラー


 私は触ったことがないので扱いやすいのかはよくわからない。似たようなものは他にもある。

プレイステーション コントローラー


 私はこちらの方が馴染みで、最初は突起のついていないデジタル・パッドとも呼ばれているタイプを使っていた。なので突起のついたアナログ・パッドは重たく感じるのと、手が小さいのでいくぶん操作がしにくい。今はどうか知らないが、初代のプレイステーションでは日本人向けよりアメリカ人向けの方がコントローラーのサイズが若干大きく作られているという話だった。

 両者に共通しているのは左右の下方に軀体が伸びている点で、これによって手の平でしっかりと保持出来、操作がしやすい・疲れにくいという利点がある。ファミコンから乗り換えた人間としてはこの点に進化を感じたし、工学的によく出来たデザインだと感じたものだった。

 それより前に流行したファミリーコンピュータ用のコントローラーは長方形。

ファミコン コントローラー


 後継機のスーパーファミコンは若干丸みをおびているが、まだ、手の平全体での保持を意識した形状にはなっていない。

スーパーファミコン コントローラー


 似たようなころ既にセガでは下方にせりだした形状がみられる。

メガドライブ コントローラー



 歴史的にどの時点で現在に通じるものが誕生したのかはっきりしたことは知らないが、ボタンの数や配置・形状に関しては𝟏𝟗𝟗𝟒年﹦平成𝟔年発売の初代プレイステーションのものと現在一般的なものはほとんど変わらない。


 今では古いものだと中古屋で𝟏𝟎𝟎円でも大量に売っているので、捨ててしまうのももったいないし、入力装置としてもっと手軽にパソコンで使えるようになればと思う。


 最後に蛇足だが、自動車の話題を出したついでなので触れておく。以前「カーリング 菓子 準決勝 チーズあじ𝐯․𝐖コンソメ味」で、なんでも記憶できる年代に憶えさせておいたらいいものについていくつか触れたが、その時抜けていたものとして、道路標識がある。これも興味があるうちに全部憶えさせておいたらあとで免許をとる時に苦労がなくなるのでおすすめする。私は年長か小𝟏くらいの時期に『自動車・船』という図鑑を買ってもらい、そこに載っていた道路標識も見ているうちに憶えてしまったのだが、𝟏𝟓年ほどまったく御無沙汰したのち、自動車の免許を取りに行った際は「昔おぼえたな、なつかしい」という感覚でしかなかった。新しく追加されたわずかな標識已外、まったく覚える必要がなかったので、その分楽ができた。

posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 23:59| 情報処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする