2017年11月25日

Firefox 57 で懐かしのブラウザークラッシャー

 𝐅𝐢𝐫𝐞𝐟𝐨𝐱 𝟓𝟔まで使えたアドオン:𝐔𝐧𝐌𝐇𝐓を使って複数のページを1つの𝐦𝐡𝐭ファイルで保存したものを、𝐦𝐡𝐭が扱えるアドオンを入れていない𝐅𝐢𝐫𝐞𝐟𝐨𝐱 𝟓𝟕で開こうとすると、昔のブラウザクラッシャーのようにファイルを無限に開こうとタブがどんどん増えていく現象が発生するのを確認した。



 どの𝐏𝐂環境下でも起こりうるのかは不明だが、𝐦𝐡𝐭ファイルを開くブラウザを𝐅𝐢𝐫𝐞𝐟𝐨𝐱 𝟓𝟕に指定した場合に起こることが多い。ちなみに上の動画で開いたmhtファイルは6つのページしかまとめていない。

 もし間違って開いてしまった場合は、

 ・右上の×をクリックする
 ・[𝐂𝐭𝐫𝐥] + [𝐰]を押しっ放しにしてタブが開くより先に閉じてしまうことで終了させる
 ・[𝐀𝐥𝐭] + [𝐅𝟒]で終了させる

といった通常の終了方法で解決する場合と、終了させても再び𝐅𝐢𝐫𝐞𝐟𝐨𝐱が起ち上がって勝手に増殖する場合がある。すばやく何度も消していればそのうち起ち上がらなくなるが、駄目なら[𝐀𝐥𝐭] + [𝐅𝟒]で終了させてから再び𝐅𝐢𝐫𝐞𝐟𝐨𝐱が起ち上がるまでの時間差を利用してログオフしてしまうという手もある。いずれにせよ、ロースペックの𝐏𝐂では負荷が大きくなる可能性があるので気を付けた方がいいだろう。
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 00:30| PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする