2017年10月21日

関ケ原の戦い𝟒𝟏𝟔年の後に書かれた日記

〒998-0281山形県酒田市飛島
〒999-6711山形県酒田市飛鳥
〒998-0043山形県酒田市本町
〒999-6835山形県酒田市本町

 ネットで既に広く知られている話なのか検索していないので知らないが、ちょうど一年前の𝟏𝟎月𝟐𝟏日に書いた日記を目にする機会があったので、そこで触れていたつまらぬ話題をば。

 最初に挙げた4つ、郵便番号が全て違うように、全て違う場所。上𝟐つはよく見ればわかるが、字が微妙に違う。上が[とびしま]で、下が[あすか]。

 下𝟐つは住所表記だけだと区別がつかない。かといって郵便番号の違いで把握している人は地元民かよほどのマニアだけだろう。上は[ホンチョウ]で下は[ほんまち]らしい。同じ自治体で[ホンチョウ]と[ほんまち]両方が存在する例は全国にいくつかあるが、たいていは○○本町と前󠄃がついているケースなので、こういった無印本町で違うというのは珍しい。ひょっとしたら合併前󠄃は別々の自治体だったのかも知れない。

 ちなみに本町と書いて[ホンチョウ]は大雑把な抽出では𝟑𝟑𝟓箇所くらい、[ほんまち]は𝟔𝟕𝟗箇所くらいだった。住所表記変更での重複が一部あるので実際はもう少し少ないが、一方で地区レベルでの住所地は手元でもまだ完全収録できていないので、増加分も考えると結局は同じくらいなのかも知れない。手元の単語登録で地名は𝟏𝟒万ほどだと以前書いているが、地区レベル、昔でいうところの字[あざ]に近い細かい住所も少しずつ追加しているので、先日𝟏𝟓万を超えた。𝟏𝟓~𝟐𝟎万くらいと予想していたが、けっこう増加量が多いので最終的には𝟐𝟎万を超えるかも知れない。

 オマケだが、[ホンチョウ]は[ホンチョウ]でも本丁と書くパターンも少なくとも𝟐箇所在る。
熊本県熊本市西区京町本丁
山形県上山市北町本丁

 丁は一番丁のような使われ方をすることもある。一丁目とはまた違う。
和歌山県和歌山市一番丁
香川県丸亀市一番丁


 ブログの冒頭に「日記に書いた中で他人にも役に立ちそうな内容を見繕おうかと画策」と標榜しているが、こんな話、なんの役にも立ちそうにない(笑)
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 06:19| 地名人名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする