2018年08月04日

地形由来のようで人名由来な地名

 今しがた

東京(とうきょう)には135箇所(かしょ)も ゲリラ豪雨(ごうう)で冠水(かんすい)する道路(どうろ)の特徴(とくちょう)とは


という記事(きじ)を目(め)にした。ここで東京都(とうきょうと)𝟐𝟑区(にじゅうさんく)部西域(せいいき)渋谷(しぶや)区を指(さ)して

渋谷(しぶや)は地名(ちめい)に『谷(たに)』がつくように谷底(たにぞこ)地形(ちけい)


と説明(せつめい)している。私(わたし)も昨年(さくねん)までそう思(おも)っていたが、『日本人(にほんじん)のおなまえっ❢』によれば、東京(とうきょう)の渋谷(しぶや)は地形(ちけい)ではなく苗字(みょうじ)由来(ゆらい)で、谷(たに)になっているのはたまたまだったらしい。

 あくまで一(ひと)つの説ということではあるが、𝟐𝟎𝟏𝟕(にせんじゅうしち)年﹦平成(へいせい)𝟐𝟗(にじゅうきゅう)年𝟏𝟐月(じゅうにがつ)放送(ほうそう)の番組(ばんぐみ)による説明(せつめい)では、平安(へいあん)時代(じだい)末期(まっき)の武士(ぶし):渋谷(しぶや)金王丸(こんのうまる)が支配(しはい)した事(こと)が由来(ゆらい)で、それ已前(いぜん)の地名(ちめい)は谷盛(やもり)とのことだった。金王丸(こんのうまる)に関(かん)しては今も金王(こんのう)神社(じんじゃ)が残(のこ)っており、金王坂(こんのうざか)という名前(なまえ)の坂(さか)もある。

 渋谷(しぶや)氏の本拠(ほんきょ)は現在(げんざい)小田急(おだきゅう)電鉄(でんてつ)小田急(おだきゅう)江ノ島線(えのしません)で相模(さがみ)大野(おおの)駅(えき)から𝟏𝟕分の高座(こうざ)渋谷(しぶや)駅(えき)がある神奈川県(かながわけん)東部(とうぶ)湘南域(しょうなんいき)大和市(やまとし)渋谷(しぶや)で、鎌倉(かまくら)時代(じだい)の早川城(はやかわじょう)が渋谷荘(しぶやのしょう)になったらしい。谷(たに)が多(おお)く田畑(たはた)に一月(ひとつき)以上(いじょう)水を入れなくても年中(ねんじゅう)水が湧(わ)いてくる土地(とち)だったそうで、「渋」は水が滑(なめ)らかに流(なが)れない様子(ようす)を示していると説明(せつめい)していた。

 東京(とうきょう)の渋谷(しぶや)は谷底(たにぞこ)地形(ちけい)にはなっているが台地(だいち)の一部(いちぶ)で、海抜(かいばつ)自体(じたい)は高(たか)い。だから平地(へいち)から見れば山(やま)にも感(かん)じられる。中目黒(なかめぐろ)駅(えき)のある南方(なんぽう)や恵比寿(えびす)駅(えき)のある南東(なんとう)方向(ほうこう)から大通(おおどお)り沿(ぞ)いに渋谷(しぶや)駅(えき)へ進入(しんにゅう)した場合(ばあい)、上(のぼ)り坂(ざか)が続(つづ)くので谷(たに)のイメージを持(も)ち難い。高(たか)いビルが多(おお)いので周囲(しゅうい)を見回(まわ)しても山(やま)に囲まれているとも感(かん)じ難い。高(たか)い場所(ばしょ)だが周囲(しゅうい)より相対(そうたい)的(てき)に低(ひく)くなっているので結果(けっか)的(てき)に大量(たいりょう)の水が押(お)し寄(よ)せると滞留(たいりゅう)しやすいという少(すこ)し複雑(ふくざつ)な話だが、そういう場合(ばあい)もある。山(やま)の中腹(ちゅうふく)や高台(たかだい)であっても、場所(ばしょ)次第(しだい)で浸水(しんすい)や鉄砲水(てっぽうみず)の危険(きけん)にさらされるという事(こと)を知(し)るには良(い)い例(れい)かも知(し)れない。

 地名(ちめい)から地形(ちけい)を判断(はんだん)しやすいものは谷(たに)や山(やま)、川(かわ)、田(た)など伝統(でんとう)的(てき)な言葉(ことば)もあるが、中(なか)には今回(こんかい)の武蔵(むさし)渋谷(しぶや)のように人名(じんめい)の場合(ばあい)もあることは知(し)っておいていいかも知(し)れない。横浜(よこはま)駅(えき)の傍(そば)にある神奈川県(かながわけん)横浜市(よこはまし)西区(にしく)高島(たかしま)甼(ちょう)も海(うみ)の傍(そば)なので昔(むかし)は島(しま)だったのだろうと思(おも)えるが、これも埋(う)め立(た)てに尽力(じんりょく)した人(ひと)の名前(なまえ)で、元々(もともと)は海(うみ)だったりする。

 戦後(せんご)以降(いこう)の開発(かいはつ)地名(ちめい)で地形(ちけい)が解(わか)りやすいものとしては「ヶ丘(がおか)」だろう。これがつくと山(やま)の上(うえ)や周囲(しゅうい)より高(たか)い場所(ばしょ)にある。今のところ例外(れいがい)はみつけていないが中(なか)にはあるかも知(し)れない。そして「ヶ丘(がおか)」の近(ちか)くに「谷(たに)」がある事(こと)もしばしば。なので地図(ちず)を見(み)ながら地名(ちめい)だけでも高低(こうてい)をある程度(ていど)想像(そうぞう)できる場合(ばあい)がある。災害(さいがい)時、歩(ある)いて避難(ひなん)したり帰(かえ)らざるをえない時(とき)など、坂(さか)の有無(うむ)を考(かんが)える時(とき)に重宝(ちょうほう)する視点(してん)なので知(し)っておいて損(そん)は無(な)いだろう。

ちょう【甼】……町と同字。便宜上、[まち]⇒町、[チョウ]⇒甼として区別する。

posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 16:08| 地名人名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする