2017年05月16日

キーボードその後4:各国語キーボード一覧

最近話題にしているキーボードの件、過去に日記で話題にしたことを思い出して調べなおしてみた。そうしたら当時撮った画像も幾らか残っていたとともに、訂正もみつかったのでまとめて追記しておく。



 以前Windows 7 の時に全言語全キーボードを実際に設定して試したと書いたが、それは2008å¹´=平成20å¹´03月18日のことで、対象はWindows 7ではなくWindows 2000だった。ただ、Windows XPも当時使っており、その後私はWindows 7→Windows 8→Windows 8.1→Windows 10と、Windows Vista以外は順番通りに導入しているのでWindows 7上でも機能していたのは間違いない。Windows 8とWindows 8.1は導入したものの使いづらかったので結局Windows 7をメインにしたことからあまりはっきりしたことは分からないが。



 過去のキーボード調査に関しては一覧表も作ってあるので不完全だが一応上げておく……じゃなくて、随分前に上げてたのを忘れていた(笑)



→各国語キーボード配列比較表





 それからWindows 10に関しては2016年=平成28年9月に常駐させていたキーボード分に関してのみ調査していたのを見つけたのでそれも触れておく。当時はTH2: バージョン1511を使っていた。



 キリル文字のラテン文字キーボード様配列に関しては

セルビア語キリル







ブルガリア語古声







ブルガリア語多声







ボスニア語キリル







マケドニア語







マケドニア語標準







ロシア語ニーモニック







と、以前より増えている。但し、汎用性が高いのはロシア語(ロシア語)キーボードと判断して常駐に採用している。



 以前はロシア語(タイプライター)キーボードを採用していた。理由はキリル文字ヨー(ё)があったこと。ロシア語(ロシア語)キーボードには無かった。それが現在では追加されている。







 ラテン文字ではブラジルABNTを採用しABNT2は汎用性が無いとして採用しなかった理由も確認してみたが、どうやら右オルタネイトの問題だったよう。通常、キーボードはシフトキーで打鍵可能なキーを切り替えるが、それでも足りない場合に3つ目のキーボードを採用しているものが幾らかある。その時に第2シフトキーとして使うのが右オルタネイトキー。ギリシャ語ポリトニックキーボードでも同様の措置が採られている。







 このやり方、たしかに使える文字種が増えてありがたいのだが、一方で本来のオルタネイトキーとして使えなくなってしまうという問題点がある。左オルタネイトは従来通り使えるので問題無いといえば問題無いが、打鍵の組み合わせに応じてオルタネイトキーやコントロールキーを左右使い分けている人間としては、右側が使えなくなるのは困る。しかもウィンドウズでは意図せず勝手にキーボードが切り替わってしまう現象が発生するため、突然右オルタネイトが効かず、よく見たら別の言語に替わっていたなんてことがあってストレスの原因になる。ABNT2の右オルタネイトで使える文字は私にとってはそれほど重要ではないし、どうしても必要なら単語登録して日本語に切り替えて出しても頻度が少ないので困らない。汎用性に劣ると感じたのはそれが理由だったよう。省スペースキーボードの種類によっては右オルタネイトが実体として存在しない場合もあることを考えれば今考えてもこの選択は正しかったと感じる。



 ちなみにABNTやABNT2ではドイツ連邦のドイツ語で使う合字エスツェット(ß)の他に、スペイン語で使うターンド・エクスクラメーションマーク(¡ï¼‰ã‚„ターンド・クエッションマーク(¿ï¼‰ã€ãƒ•ãƒ©ãƒ³ã‚¹èªžã§ä½¿ã†åˆå­—オーイー(œï¼‰ã‚‚出せないが、それらを第三キーボードの空いている場所に入れてくれたらより完成度は増すだろうし、贅沢を言えば北欧や古語で使う合字エーイー(æ)、北欧で使うリング・アバブ付エー(å)中国語にも流用できチェコ語などで使うキャロン付(ǎčďěǧȟǐǰǩľňǒřšÅ¥Ç”ž)、中国語にも流用でき日本語やセルビアラトビア語で使うマクロン付(āēḡīōūȳ)も入れてくれたら申し分ない。そして右オルタネイトを別のキーに設定変更可能にしてくれたら大満足。フィードバックに提案してみようかな。



 なお、日本語のローマ字表記で使うマクロン付に関して標準で出せるのは以前のキーボード調査だとラトビア語キーボードのみで、残念ながらラトビア語キーボードでもマクロン付オー(ō)は出せなかった。考えてみたら日本語でもローマ字表記の仕方によっては使うのに、日本語キーボードでマクロンもサーカムフレックスも出せないのはおかしいかも知れない。



 Windows 10でマクロンの使用可能なキーボードが増えているかは未調査なため不明。気になっているのは以前米国のトランプ大統領が日本の安倍首相との会談について触れたツイッターでの書き込みで、Shinzōとマクロンを使っていた点。変換という発想が無く、音声記号付ラテン文字も通常は使わない英語を常用しているトランプ大統領がどうやってあの文字を出せたのだろうか?意図的ではなく予測表示機能で出たものを選択したのだろうか?



 英語は強弱が中心で長短の区別が曖昧な言語の一種だが、日本語は強弱以上に長短の区別が重要になるので、マクロン付を使ったのは正しい。豆腐と塗布は違う。説明をしないと都府県が豆腐県になっても文句は言えない。この点、電子機器で文字を表示させることが多い現代の日本人の方がマクロン付が手軽に出せないことから長短の区別がしやすいマクロン付のローマ字表記から遠ざかっているのはもったいない。



 日本語以外でもアラビア語やイタリア語は長短の区別が重要なので、現地語表記に近づけたカタカナ表記を採用する場合は伸ばすべきところを伸ばした方が良いとは言える。アラビーヤとかイターリアになる。最近ニュースで耳にすることも多いハラル認証のハラルも本当はハラール。ただし、アクセントは前にある。hálāl。個人的にはアラビーヤ語のaは発音記号でいえば/æ/に聞こえるのだが、/a/と表記されるのが普通なのが不思議。



 結婚をケコーン、逮捕をタイーホといったように一部ネット俗語では一時期、語末手前を伸ばすのが流行っていたので、それを知っている人はこういった表記はふざけているように見えてしまうかも知れない。
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 12:09| PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

俯瞰だ複眼的思考だ言葉は踊るが……

PC関連という分類にしているが、言語関連という分類にしてもいいのかも知れないな。先日の補足&修正。



 先日、キーボードのショートカット設定が変わったのはWindows 10からと書いたが、Windows 8からかも知れない。言語の追加はWindows 8 からやり方が変わったと思う。Windows 7まではMS-IMEのプロパティに言語の追加やショートカットの設定項目があった。仮想マシンにNT4.0からWindows 8.1まで主要なものを置いていたが、HDDのトラブルがあって確認出来ていない。言語を選んで特定のキーボードを追加するという方法自体は同じなので、各OSの設定場所に関しては見つからなかったら検索で確かめるか、各種質問掲示板で訊いてほしい。



 それから英語のキーボード配列に近いキリル文字のキーボードは無いと書いたが、セルビア語のキリル文字キーボードやマケドニア語FYROMキーボードが英語に近かったのを忘れていた。ただ、汎用性の点でロシア語キーボードに劣っていた。Windows 7の頃、選択可能な全ての言語の全てのキーボードを実際に設定して配列を確認したり文字を表示させてみたりしたことがあったが、Windows 10では確認していないので、当時は無かった追加キーボードが在るかも知れない。また有用な物が無いか確認してみる。さすがにもう全言語総覧はしないが(笑)



 情報処理という観点で言えば、不慣れな物に関して一度全体を一覧しておくというのは悪い事じゃない。ちょっと見ただけで実用的な技術や知識がすぐに身に附くわけではないのが凡人の普通なので一見無駄な作業に思えるが、自分が触れていない部分にもまだ奥行きがある、他の違った知らないものが現に存在して並行しているという意識は、自分の目の前にあるものしか存在しないという意識で固定されてしまうよりも応用がきくし、事態の変化にも対応がしやすい。選択肢を増やすということでもある。ただ、全く何も分からない段階で全部を詰め込んでも、自分の注目すべき対象と、すぐには必要ないものが混同されて混乱することになりかねないので、まずは目先に必要な物を把握し、少し経ってから一度全体をみてみる、また自分の必要なものに戻る、ある程度したらまた少し時間を取って視野広げてみる……そういう繰り返しが効率的。効果的なタイミングは人によって違ったりもするし、物事によっても変わってくるから一概に言えないが。



 問題は、視野を広げるための時間をとる作業が、理解されない環境の下では最も困難な障害になる点。一見、遊んでいるようにしか見えず、効果をすぐに、具体的に見せることも出来ないことから、サボっている人との区別をつけるのが難しいので。そして、この手の繰り返しで様々に吸収してきたものは後になって効果が発揮された場合にも、いつ何をしたことが理由でできたのかを明確に説明できない・覚えていないことも多い。すると、特定の本や教科書・参考書・ネット記事で直接的にやり方を学んでそっくり真似るのが当たり前、学校やセミナーで教えて貰うのが当たり前、誰かの感動的な一言に心を動かされて始めたに違いない、それら以外に方法はない……と信じて疑わない人達と会話が通用しなくなる点も厄介ではある。相手によっては噓つき扱いもされる。その覚悟はいる。だが過程で得た力はそういった即席に慣れて育った人達がすぐには追いつけないものになるので、キャリアの差が長いほど、あとから真似てもすぐには追いつけない。



 私が小学生の時初めて「ことわざ」というジャンルを知って最初に記憶したのが「犬も歩けば棒に当たる」だったが、「当たり前」の感覚でいたこの言葉が、近年になって意外と難解なものなんだと、今の逆算至上主義的人材育成論の流行を傍目にして感じるようになった。
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 16:52| 神奈川 ☁| 情報処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過程が知られていないので

東京五輪の都外設備費用負担に就いて話題になっているが、報道ステーションやユアタイムで、神奈川・埼玉・千葉県知事と官邸が仕組んだ政治闘争や作略かのように解説していたのは大きな違和感を覚えた。



 この話は全国ニュースだと急に浮上した形だが、それはキー局の看板ニュース番組がずっとこの問題を無視・放置してきただけで、実際は準備の日程が押してて早く決めてくれという話がもう随分前から何度も出ていた。ことあるごとに知事が訴えている様子は、地元テレビ局のニュースでは何度も流れている。それなのに東京都からの明確な返事がなく、それがもう限界に達してやむなく東京都を通り越して首相や担当大臣との接触になっただけで、もっと前に決まっていれば別に日程のトリックを使った会談のように見える状況になんかなっていない。もし政略なら去年から最近にまで問題が延び延びになってしまう状況を意図的に作り出したと証明しないと説明にならない。



 都知事と官邸、どちらの立場に転んでも自分たちは関係ない、政治家の争いだという形で被害が及ばないようにして争いを煽り、地元関係者に迷惑をかけるような報道出身解説者が複数いて涼しい顔でこれを解説しているのはちょっと納得いかないので、ここにも書いておく。各知事が以前から何度も訴えていた話で、作略でも駆け引きでもない。都議選が近くてそれを睨んだ動きが生じるのは結果論。これでは大手マスコミ出身者の作略と言わざるをえない。
posted by Marimó Castellanouveau-Tabasco at 05:21| 神奈川 ☁| 情報処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする